もしかして勃起不全?

朝勃ちしない、女性の裸体を見ても勃起しない、性交中に萎えてしまうなどの症状は年齢による体の衰えや精神的な弱さが起因することもありますが、これらを総称して「ED」という病気として捉え、治療が可能です。この事について当ブログで解説しています。

勃起不全と体験談と製薬について

勃起不全の体験談を、語ってくれる男性もおられます。

これは、かなり親密な関係になった時や、かなり親切で、相手の女性が困っている時などに、自分も勃起不全で辛かった、このような体験があり…と体験談を語ってくれるケースがあります。

その場合、相手の女性は、その男性がかなり苦しい勃起不全という病気を、乗り越え、一生懸命体験談として自分に語ってくれることに、感謝をしなければならず、同時にとても深い感動を覚えます。

勃起不全は、いろいろな説があり、勃起不全になりやすい環境というものは、莫大なストレス、そして莫大な人間関係の悪さ、いじめ、環境によるストレスの大きさ、また、食事制限の行い過ぎ、食事を全くとらない、栄養不足、これらのことが原因であると言われる一方で、この勃起不全を治すために、製薬などを使う男性もおられますが、体験談などを聞くと、これらの製薬が全く、役に立たなかった、また医師の診断やそこで出された製薬も効果がなかった、そのような体験談があります。

これは、個人差もあるかもしれませんが、薬がきかないことがあり、そのために、高い治療費や辛い心でいるのに、さらに治らず、心がさらにボロボロになってしまうという男性もおられるのです。

その場合、医師などに相談ではなく、もし、心などに問題がある場合や、どうしても理由などが不明な場合、または製薬などに頼りたくない場合には、著名な、人格的なカウンセラーの元へ、診察に伺った方が、心が安心し、逆に勃起不全について悩まなくなる、そのような体験談もあります。

製薬は、きちんときくかどうかは、難しいところもあり、また医学と薬学の癒着の部分が、社会問題ともなったことがおあることから、カウンセリングなどを受けることも一つの手です。