もしかして勃起不全?

朝勃ちしない、女性の裸体を見ても勃起しない、性交中に萎えてしまうなどの症状は年齢による体の衰えや精神的な弱さが起因することもありますが、これらを総称して「ED」という病気として捉え、治療が可能です。この事について当ブログで解説しています。

勃起不全の対策は精力剤と血糖値の安定で

勃起不全は血液疾患の一つと言われています。
健康診断で血流が悪いと指摘された方は、すでに勃起力が減退している可能性があります。
血流が悪化すると、陰茎海綿体に十分な血液を届けることができなくなります。
血流は目視で確認することはできませんが、血糖値や血中脂質が上昇している方は注意が必要です。
特に肥満体の方は血糖値が上昇しやすく、勃起不全のリスクを高めます。
勃起不全に悩んでいる方に共通するのは、生活が乱れていることです。
規則正しい生活を送っていれば、セックスに支障が出るほど勃起力が弱くなることは通常ありません。
加齢によりある程度は減退しますが、急激に勃起不全が進行するようであれば、生活に問題があると考えていいでしょう。
不規則な生活を自負する方は、すぐに改善していくことが大切です。

血糖値は食事をすると必ず上昇しますが、上昇スピードは緩やかなほうがよいのです。
すい臓へのダメージが軽減するため、糖尿病のリスクを低くすることができます。
すい臓に過度のダメージを与え続けると、正常にインシュリンを分泌できなくなり、糖尿病に発展することがあります。
食生活では野菜をたっぷり食べるようにすれば、急激な血糖値の上昇を抑制できます。
特定保健用食品のお茶にも、血糖値の急上昇を抑えてくれる商品があります。

勃起不全にもレベルがあり、ED治療薬を服用するほどの症状でなければ精力剤も役立ちます。
重度の勃起不全になると精力剤だけで対処するのは難しいですが、少し勃起力が減退している程度なら精力剤だけで乗り切れます。
精力剤のほとんどは健康食品ですが、飲み続けることで体力を増強して疲れにくい身体にしてくれます。
精力増強のためには疲労体質から改善していく必要があるのです。