もしかして勃起不全?

朝勃ちしない、女性の裸体を見ても勃起しない、性交中に萎えてしまうなどの症状は年齢による体の衰えや精神的な弱さが起因することもありますが、これらを総称して「ED」という病気として捉え、治療が可能です。この事について当ブログで解説しています。

勃起不全には血糖値のコントロールと精力料理が効果的

血糖値が異常に高くなる病気を糖尿病と言いますが、糖尿病はEDや勃起不全の原因にもなります。

糖尿病にかかった人が勃起不全になる理由としては、神経に障害が発生して、脳で感じる性的興奮が体に伝わらず、その結果として勃起が起こらないという理由があります。また、血管の拡張が悪くなっていることが原因である場合もあります。

糖尿病になりやすい生活習慣には、暴飲暴食、肥満、運動不足、喫煙、睡眠不足などがあります。こういった生活習慣は勃起不全になりやすい生活習慣でもあることも理由の1つです。

EDや勃起不全を予防するためには、血糖値に気をつけた食生活を送ることが大切です。血糖値を上げないようにするためには、バランスの良い食事をとることが重要です。特に野菜は不足しがちなので、意識してとるようにしたいです。また、朝食を抜いている人は多いですが、これもよくありません。朝食を抜くとその分昼と夜に多めに食べてしまって血糖値が上がりやすくなります。朝食は少しでも食べておきたいものです。また、間食をすると血糖値が高い状態が長く続いてしまうので、間食はできるだけしないようにしたいです。

バイアグラなどの勃起薬は、勃起を維持する効果はありますが、性欲を回復させる効果はありません。性欲を回復させるには、精力料理がお勧めです。精力料理としては、ウナギ、にんにく、ニラ、すいかなどが有名です。精力料理は健康にも良いので、積極的に食べるようにしたいです。

また、適度な運動を心がけることも大切です。運動をすることで血糖値が上がりにくくなりますし、代謝がアップするので体の機能が正常に働くようになります。糖尿病の予防にも、EDや勃起不全の予防にも効果があるのが適度な運動です。